手が届く価格に

実は以前から技術として存在していたM2Mは、ハードウェアの技術が進化したことや、通信手段の拡充化によって現在ではM2Mを取り入れた機器のコストも下がり、費用面では大きく敷居が下がりつつあります。

M2Mとは一体

web会議にすることでたくさんのメリットがあります。時間やコストの削減にも繋がるので便利になりますよ。

IPv4の枯渇問題でアジア太平洋地域に割り当てられる在庫が既に無くなったことから見ても、人一人が持つ情報端末の数やネットワークに繋がる機器の数が爆発的に増えているのがうかがい知れます。
近年ではこの端末同士のネットワーク構築も比較的簡単に行うことが出来るため、様々な所で個人のユニークなネットワークが構成されて使われています。
テザリングや、SMB、NASなどもこのネットワークの1つで、現在これら情報端末が作るネットワークは日常生活において無くてはならない存在になりつつあります。

全てのモノをインターネットに繋げて、新たな価値を生むという考えは古くからあり、年々これら対象の機器は増えてきています。
この考えをIoTといい、近年IoTの発展としたM2Mという考えが広く一般化されつつあります。
M2Mとはマシンツーマシンの略の事で、機械と機械によるネットワークの事を指します。
M2Mはただの機械間のネットワークだけではなく、機械同士のコミュニケーションを伴った自動化システムを意味し、これからの自動制御には非常に大切になってきます。
機械同士のコミュニケーションというとまるで、言葉をしゃべり、人間のようなコミュニケーション方法を取るとイメージしがちですが、決してそうではありません。
このコミュニケーションは情報データを通信回路を経由して、互いに送信し合い、それを受信します。
受信したデータを一定のアルゴリズムのふるいにかけ、その差異を出力データとしてアウトプットします。
このデータを元に制御することで自動化が行われていきます。

M2Mでインフラの自動

インフラの整備は非常に大変なもので、人の手による点検作業は効率がいいものとは言えません。しかしM2Mを取り入れると現地に出向かずとも状態を知ることが出来る特徴があるため、M2Mによるインフラの制御の導入が研究されています。

住まいも自動化

IoT思想の浸透により、あらゆる家電がインターネット接続されるようになった現代では住まいを丸ごとM2M技術によって自動化する動きが広まっていて、実際に多くのメーカーによって研究されています。